キレイな外装を保つには

赤い車

ガラスコートをするときは自分でしてもいいのですが間違えてしまうこともあるので、業者に依頼したほうがいいときもあります。業者によって仕上がりに差がでることもあるので、良い業者を選んだほうがいいです。

Read

付けておけば安心です

車内

ドライブレコーダーはとても役に立つカーアクセサリーで、撮影した映像は事故の際に証拠にする事も出来ます。ドライブレコーダーは画素数の多さやフレームレートなど、映像に関わるポイントをチェックして選びましょう。

Read

きちんと管理しましょう

自動車

オイル交換を怠ると思わぬトラブルになりやすいので、忙しくて暇がない人は出張オイル交換がおすすめです。電話一本で来てもらう事が出来ますし、カー用品店などとほぼ変わらない費用でオイル交換をしてもらえます。

Read

整備料金を節約しましょう

複数の車

検査費用は様々です

車を所有するドライバーが避けて通れないのが車検です。車検は新車を購入した際には3年後に車検の時期が訪れ、その後は2年ごとに定期的な検査を受ける必要があります。車検にかかる総額は車重や排気量によってそれぞれ異なりますが、それぞれのクラスに応じて法定費用・自動車税・検査料金などが必要となる点が共通しています。とくに車に不備が見当たらない場合には以上のような費用のみで車検を通すことができますが、車に不備が見つかった場合にはそのままでは検査を通すことができないので追加で部品の交換費用などが生じることとなります。車検の費用は車種によって異なりますが、中型自動車や大型自動車の場合には法定費用など最低限の費用だけでも10万円前後の料金が必要となります。

料金に注目しましょう

以前まで車検の費用はどこであってもそれほど変わりがありませんでした。しかし最近ではガソリンスタンドやカーショップなどが自動車整備へと進出してきたこともあり、神奈川では以前よりもずいぶんと車検費用が安くなってきました。とくに人口の多い神奈川では顧客獲得競争が激しく、街中の広告や看板などでも激安をうたう専門店を良く見かけます。神奈川にあるこれらの専門店が激安で車検を行える理由は、企業努力により整備費用を極限まで削っているからです。あまりにも料金が安い場合にはかえって不安に感じる方もいますが、車検における整備項目は国の基準によって厳しく定められているので、激安だからといって検査がおざなりに行われる心配はないので安心です。ただ激安専門店の広告で注意しなくてはならないのは、記載されている料金は整備費用の料金であって法定費用などは含まれていない点です。実際の料金は整備費用に法定費用を合わせた額となります。神奈川の激安専門店では1万円整備などの看板を掲げているところもありますが、その価格はあくまで整備費用の料金である点には注意しましょう。